HOME > 茶蔵園の歩み

「Tea for Peace-世界の茶文化体験-」茶蔵園出店!

本日より2日間、東京都渋谷区の国連大学中庭にて開催される
「Tea  for Pease-世界の茶文化体験」へ、茶蔵園として出店します!

会場では日本茶、台湾茶、中国茶、紅茶、チャイ、ハーブティー、薬草茶など
約50の出店者たちが集い、様々な種類のお茶を体験しながら
楽しむことができるイベントのようです。

茶蔵園では日本茶の中の「東白川村の美濃白川茶」として、
オーソドックスな煎茶を提供します!
まだまだ関東では知名度の低い(ほとんど知らない)白川茶。
少しでも多くの方に白川茶の味と香りを体験し、覚えて頂けたなら幸いです♪

ご都合の良い方はぜひご来場ください!

■Tea for Peace
日時:3月17日(土)、18日(日)
            11:00-17:00
会場:国連大学中庭(東京都渋谷区神宮前5-53-70)
※Farmer’s Market @UNUと同時開催
http://farmersmarkets.jp/tea-for-peace/

 

少しの早めの「○○デーのお茶」

おはようございます!

楽しかった正月がおわり2週間。もうすっかり正月気分も抜けてきたのでは…?
正月が終わったら次のイベントは節分、そして世の男性がお待ちかねの

バレンタインデー!

茶の里では一足早めにバレンタイン用のお茶の販売を始めました!
パッケージはかわいい物や、手軽に贈れる物、かっこいいデザインの物など
数種類ご用意しました!

お茶は茶蔵園の特上煎茶を使った春摘み一番茶のティーバッグ。
急須がなくても美味しく飲めちゃいます♪

お茶だけでは…なんて方には、茶の里名物にもなり始めている
「つちのこクッキー」とセットにした物もありますよ♪

バレンタインデーには義理ティー?なんてのも新しくていいのではないでしょうか?
そんな文化が広まれば嬉しいですね♪
女性の方、ぜひ広めてみてください!

 

特上ほうじ茶「茜薫る」

3月に発売されてから大好評の茶蔵園の特上ほうじ茶…

「茜薫る-あかねかおる-」
東白川村の春摘み一番茶を贅沢に焙じた一品です。

一番茶を焙じるのはそうそう簡単ではなく、そして焙じ方も
香り、味、香ばしさなど何を重視するかで変わり、とても奥が深いです。

「茜薫る」に選んだ原料は東白川村の上位クラスの春摘み一番茶。
そんな良質な茶葉を焙じる技術は茶蔵園にはありません。(機械がありません)
どこか良いところはないかと探していたところ、ご縁があったのは
滋賀県にある「マルヨシ近江茶」さん。
近江土山茶を地域一丸となり煎茶、ほうじ茶の製造販売をしている会社です。
先日工場に伺い、焙じ加工の見学に行ってきました。

工場の隣にはステキな直売店があります。
店内にはマルヨシさんの売りである「一~十」のまったく特徴が異なる
10種類のほうじ茶を含め、近江土山茶、茶を使ったお菓子などが並んでいます。

工場内視察と「茜薫る」製造立ち合い。
同じ茶師としてとても興味深く貴重な経験。
機械の性能、茶師の方共に、安心して任せられる場所です。

出来上がった茶葉、そして炒りたてを急須で淹れて頂きました。
この時にしか味わえない一杯。香り高くおいしかったです。
しかし炒りたてから一週間たつと味がガラっと変わるとの事。
確かに一週間後自分で淹れて飲んでみたら、味がまろやかになり、深みがありました。

ほうじ茶は焙じてから時間が経つにつれ味が変わってきます。
それがほうじ茶の愉しみ方なのだと思います。

茶蔵園の特上ほうじ茶「茜薫る」
開発から一年かかりましたが、良い商品となりました。
ぜひその時々の味と香りを
愉しんで頂けたら幸いです♪


マルヨシ近江茶の吉永社長と、茶蔵園の茶師田口、森本
パッケージ制作の石川。

 

12月「茶蔵園」出張販売のご案内

こんにちは!

12月です。今年も残りわずかですね…
歳を重ねるにつれ、年月が過ぎるのが早く感じる今日この頃。

最近よく思うのは、健康第一という事。

ご存知の通りお茶を飲むことは健康によく、
延命効果があることも研究機関から発表されています。
健康のために何か特別な事をするのは長続きしませんが、
毎日の習慣できちんとご飯を食べ、お茶を飲むことならできると思います。

寒くなると家にいる時間が長くなると思います。
しっかりした食生活に心がけて、健康に冬を過ごしましょう♪

それでは12月の出張販売のご案内です!

**************

■愛知県西春日井郡豊山町
エアポートウォーク名古屋

日時:12月8日(土)
   9:30~17:00

■愛知県犬山市
清水屋犬山店(初出店)
日時:12月8.9日(土・日)
   10:00~18:00

■愛知県名古屋市中区
金山駅
「岐阜県観光物産展」
日時:12月22日(土)

   10:00~18:00

■岐阜県可児市
とれったひろば可児店
日時:12月24.27.29日(月、木、土)
   9:00~15:00くらい

**************

茶の里「茶蔵園コーナー」プチリニューアル!

 

茶の里店内にある「茶蔵園-さくらえん」の製造している
美濃白川茶販売コーナーがプチリニューアルしました!

茶蔵園の商品は種類が多く、今までは各商品の説明が少なく
お客様から「違いがわからない」「おすすめがわからない」と
言った声が多くありました。

私が担当になってから、お客様とお茶の話をしたり、
説明をしたりする中、そして色々な日本茶専門店を見たりして
「どう表現するか」と考えて、すべての商品の説明をつくりました♪

基本的には茶蔵園のお茶は
・収穫時期
・栽培茶園
・焙煎方法
・ブレンド

でランクや味が違います。
説明文にはその点がわかりやすく書いてあります!

と言いましても、お茶のことは専門的でむずかしく
まだまだ分かりにくいところもあるかもしれません。
これからもっとみなさんにわかりやすく伝えられるよう
茶蔵園は発信していきますね♪

お茶のことで何かわからないことがあれば
茶蔵園の製造担当の田口か森本まで
聞いてください!

茶の里には普段いませんが、スタッフに声をかけていただければ
裏の製茶工場にいる時はよろこんで出ていきます♪

どうぞよろしくお願いします!

茶蔵園「Tea For Peace #02 世界茶文化体験」へ出店

7/21,22の2日間!

東京都渋谷区のFarmer’s Market@UNUにて行われる
「Tea For Peace #02 世界茶文化体験」にて茶蔵園が出店します!
http://farmersmarkets.jp/tea-for-peace-02/

会場では煎茶、紅茶、チャイ、ウーロン茶、フレーバーティーなどのお茶があり、
飲み比べしながらその土地の茶文化を体験し、その土地の人と話ができるようです♪
お茶好きの方も、そうでない方も楽しめるイベントですね♪

東白川村からは、
茶農家に生まれ、35年以上お茶と共に生活してきた茶師。
行政として茶業を支え、引っ張り、常に農家さんと同じ目線で茶業に携わるスーパー公務員。
東京から東白川村に移住し、茶業に惚れ、新しい形で白川茶の可能性を見出し挑戦している茶女子。

以上の3名で出店しております!
さまざまな角度からの東白川村の茶文化の話が聞けるのではないかと…ぜひお気軽にお立ち寄りください♪

白川茶発祥の地にて「蟠龍寺ー献茶祭」

東白川村にある白川茶発祥の地
そこには昔「蟠龍寺」という寺があり、約450年前に寺の住職が
宇治から茶の実を持ち帰り植えたことから「白川茶」の歴史が始まりました。
今では寺はありませんが、蟠龍寺跡に残っている石垣からは在来茶が育ち、
その茶葉は毎年手摘みにより収穫し、「大門茶」と名付けられています。

この地には蟠龍寺の住職の墓があり、
毎年東白川村の一番茶の収穫が終わり一段落してから、
この土地を守る人、東白川村の茶業関係者、村長が一同に集まり、
「今年も無事に一番茶が終わりました」といったような
報告を含め、神事を執り行います。


茶蔵園では東白川村の茶業を営む者として
毎年「献茶祭」には参加をしています。
450年以上前に東白川村の茶の歴史が始まり、
ご先祖様が美しい茶園を造り、守り続けて今があります。
その歴史を私たちは大切にしていきたい。

「美しい東白川村の茶園を百年先へ」

この言葉を胸に
これからも美味しい茶を作ること、繋げることを心がけていきます。

住所
〒509-1301
岐阜県加茂郡東白川村越原1061
営業時間
3月中旬~12月 9時~17時
1月~3月中旬 9時30分~16時30分
1月~3月中旬までの月曜日と12月30日、31日、1月1日は休業日とさせていただいております。
定休日
不定休
その他
トイレ、公衆電話、WiFi、電気自動車充電は365日24時間ご利用いただけます。
ページの先頭へ

有限会社 新世紀工房
岐阜県加茂郡東白川村越原1061 【TEL】0574-78-3123 【受付時間】9:30~17:00

Copyright c 2012 Michinoeki Chanosato Higashi Shirakawa All Rights Reserved.
わたしたちの東しらかわ村