HOME > 最新情報

過去情報一覧

秋の季節茶「深煎り煎茶あじわい」と、3種のお茶「彩り三昧」の販売はじまりました

2017.09.16


新パッケージになって登場!

茶蔵園の秋の季節茶「深煎り煎茶あじわい」と3種のお茶「彩り三昧」のパッケージが新しくなり、
本日より販売が始まりました。

「深煎り煎茶あじわい」は今年の5月に収穫した東白川村産の新茶を低温冷蔵庫に保管し、
9月に開封をした後、茶蔵園の工場で強火焙煎した煎茶です。
強火焙煎することで「こうばしさ」が生まれ、飲みごたえがあるお茶になります。

この地方では秋になると和菓子の「栗きんとん」を作り、食べる文化があります。
「深煎り煎茶あじわい」は「栗きんとん」に合うお茶になるよう仕立てております。
もちろん他の和菓子にも合いますので、ぜひ和菓子のお供にご利用ください!

「彩り三昧」シリーズは、「はなやか、ふくよか、さわやか」という商品名のお茶のシリーズになります。
東白川村産の茶葉で、栽培方法、製造方法、品種がそれぞれ異なる、
個性豊かな3種類のお茶です。3種類のお茶の特徴は…

■はなやか
花のような香りと、どこか懐かしい香りの余韻が残る微発酵茶。

■ふくよか
豊かな旨味の中にも白川茶の香りも楽しめる東白川村産かぶせ茶。

■さわやか
爽やかな香りと、鮮やかな水色が特徴の品種つゆひかり。

となっており、どの商品も特徴の違いが明確で味もおいしく仕上がっております。
9/23、24日の「新米まつり」の時は4種類のお茶の飲み比べができる試飲会も行います!
これから寒くなり温かいお茶がおいしくなる季節…お好みのお茶を探してみてはいかがでしょうか?



9月23、24日 「新米まつり」開催します!

2017.09.14

待ちに待った新米の季節がやってきました!
豊かな自然の中で育った東白川村のお米は特に食味が良く、人気上昇中!

道の駅茶の里では新米を味わい、楽しむ新米まつりを行います。
いろいろな催しをご用意しておりますので、お誘い合ってお越しください!

◇◆◇◆◇◆新米まつりのご案内◆◇◆◇◆◇
日時:平成29年9月23、24日(土、日)
   10:00~15:00
会場:道の駅茶の里東白川
   岐阜県加茂郡東白川村越原1061
   TEL 0574-78-3123

①お得な新米の販売
時間:13:00~
東白川村、親田産の新米(コシヒカリ玄米)を農家価格で販売!
通常5500円→4500円(15kg)
※無くなり次第終了。お1人様1袋限り。

②つきたて餅の振舞い
時間:10:30~
杵でついたお餅を振舞います!
もちつきは皆さんでご一緒についていただきます。
味は手作りのあんこときなこ。
※無くなり次第終了。

③新米の枡売り
時間:1回目 11:00~
   2回目 14:00~
新米を2合枡に盛って100円!
※無くなり次第終了。お1人様4合まで。

④わくわくマスつかみ
時間:10:00~15:00(24日のみ)
サビロ谷渓流フィールドのマスがやってくる!
大人も子供も楽しめるマスつかみ。
一匹捕まえて塩焼きまでで500円で召し上がれます!

⑤土鍋で炊き立て新米とにごみのセット販売
時間:10:00~15:00
新米を土鍋で炊いて、本当の炊き立てご飯と
郷土料理「にごみ汁」のセットをご用意しております!
まずは新米の味と香りをお楽しみください♪

⑥秋のお茶の試飲会
時間:10:00~15:00
茶蔵園の秋の季節茶と3種類のお茶の飲み比べ!
1番人気のお茶を決める投票も行いますので、ぜひご参加ください。

他にもおいしい物、楽しい催しをご用意しております♪
9/23、24日は道の駅茶の里「新米まつり」にお越しください。

主催:道の駅茶の里東白川 (有)新世紀工房
協賛:茶の里野菜村・みのりの郷東白川(株)
   親田集落営農組合・青空見聞塾

道の駅の“つちのこ焼き”もぜひお試しください!

2017.09.12

フジテレビ“おじゃマップ”で香取慎吾さんと指原莉乃さんがつちのこ探しに東白川村へ来ていただきました。大スターの来村に一時はつちのこ発見以上の大騒ぎ!! ぞくぞくと集まった村人も捜索に参加。慎吾君を隊長に、目撃地にワナを仕掛け深夜に渡る捜索を決行するも、残念ながら見つかりませんでした。
慎吾君も指原さんも、つちのこは自然豊かな東白川村でロマンに満ちた村人のやさしい心の中に息づいていると感じてくれたようです・・・。
ありがとうございました

つちのこは発見されずも、リアルな形をしたとってもあいきょたっぷりな白川茶屋さんつちのこ焼きが番組で放映されTwitterでは2万件以上のいいねがあったようで毎日注文が相次いでいるようです。

道の駅茶の里にも形の違うつちのこ焼きがあります。リアル派とキャラクター派。どちらもユニークで人気です。ぜひ東白川村へお越しの際は、両方のつちのこをお試しいただきお土産にいかがですか・・

9月「美濃白川茶・出張販売」のご案内

2017.09.01

9月になり昼間はまだ残暑が続きますが、朝晩は涼しく、秋らしい陽気になってきました。
この昼夜の気温の寒暖差が東白川村の農産物がおいしく育つ理由のひとつなので、
これから徐々に収穫されてくる米や野菜が楽しみです。

米といえば、東白川村の一部の田んぼでは、新米の収穫が始まりました。
道の駅茶の里周辺の稲穂も順調に実り、こうべを垂れはじめております。
9月中旬には新米、茶蔵園の秋の季節茶、栗きんとんなどの販売も始まりますので、
楽しみにお待ちください!

それでは9月のイベント出店のお知らせです。

『道の駅茶の里 新米まつり』
場所:岐阜県加茂郡東白川村越原1061
   道の駅茶の里
日時:9月23日(土)、24日(日)
   10:00~15:00
※新米まつりの詳細は決まり次第ホームページにて掲載いたします!
茶蔵園では『4種類のお茶 飲み比べコンテスト』を行う予定です。

『ファーマーズマーケット とれったひろば可児店』
場所:岐阜県可児市坂戸59
   とれったひろば可児店 店頭
日時:9月30日(土)、10月1日(日)
   9:00~15:00

道の駅茶の里のディスプレイ、9/1から少しづつ秋らしくなっております。
試飲のお茶は、急須で淹れる温かいお茶を振舞っておりますので
ぜひお立ち寄りください♪

お茶の「オンザロック」の作り方

2017.08.23

残暑におすすめ!
水出し煎茶とは一味違う「冷茶」の楽しみ方をご紹介します!

今年の夏は水出しの緑茶が流行し、
多くの方が冷たくて甘みのあるお茶を楽しんだのではないでしょうか。
お店でお客様に水出し緑茶の試飲を出すと、
「お茶って水でも出るんだ!」「甘い!」「おいしい!」という声が多かったです。

この水出し緑茶ですが、大きめのボトルに茶葉と水を淹れて
2~3時間ほど抽出する作り方が一番知られていると思いますが、
他にもいろいろな冷茶の作り方があり、今回は急須を使う「オンザロック」を紹介させていただきます。

-お茶の「オンザロック」のつくり方-
①グラスに氷を入れます。
※氷の量は、お茶を注いだ時に溶けて無くならない量を調節してください。

②急須に茶葉を入れて、お湯は温かいお茶を入れる時よりも少なめの量をいれます。
濃いめのお茶を作ることがポイントです。
※お湯の温度と待ち時間は、茶葉の質を見てお好みで調整してください。
良質な茶葉でしたら、低温でじっくり淹れて旨味を味わったり、
熱めのお湯で香りと渋みを味わうのもおすすめです!

③氷の入ったグラスにゆっくりと注いでいきます。
※注ぐときは一気に注ぐのではなく、急須を何度もお辞儀をさせ、最後の一滴まで注ぎきってください。

④これで出来上がりです♪
2、3煎目は湯を注いで別の湯呑に注ぎ、温かいお茶を飲むこともできます。



暑いとき 涼しいとき

気分に合わせて

一つの急須でいろいろなお茶の楽しみ方があります。

ぜひお試しください!

「ハムかまぼこ」販売開始!

2017.08.12

3年ぶりに進化して登場!
「ハムかまぼこ」の販売がはじまりました。

「ハムかまぼこ」とは
【無添加ハム+東農桧のかまぼこ板=ハムかまぼこ】という自社製造の商品です。
魚の練り物を板にのせたものを一般的に「かまぼこ」と言いますが、
ハムをかまぼこ板にのせた料理と言えばイメージしやすいでしょうか。

3年前にTV、ラジオ、新聞で話題を呼んだ業界初の特許製法「緑茶浸漬製法」で作ることで
添加物を入れなくても賞味期限が長持ちし、無添加のハムでこだわっております。
無薬育ちの飛騨旨豚の旨味、山芋でふんわり感を味わえます。

論よりまずはお試しください!
味は2種類で、燻製をしたものと和風のタイプがあります。

お盆期間中は試食がある限り試食販売を行っております!
ぜひこの機会にご来店できる方はお越しください!
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

〈ハムかまぼこ・和風〉
180g    1000円(税込)

〈ハムかまぼこ・燻製〉
180g    1000円(税込)

〈ハムかまぼこ2本セット・ギフト箱〉
ハムかまぼこ・和風/180g
ハムかまぼこ・燻製/180g
ギフト箱1箱  2250円(税込)

発送も承っております。(送料別途)
詳しくはお問い合わせください。

お問い合わせ先
有限会社新世紀工房
TEL 0574-78-3123

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□


「山の日」

2017.08.11

「山の日」って何をする日?

2016年に施工された日本の国民の祝日ですが、
新しい祝日なので由来を知らない方は多いのではと思います。

私もその一人で少し調べてみたところ、
「山に親しむ機会を得て、山の恩恵に感謝する日」
ということを趣旨としているようです。

…私の主観ではありますが、山の日と聞くと登山をするようなイメージがありますが、
特にこれと言って決まりはなく、自分が思う山に対する何かを感じればいい日なのでしょう。

例えば、
・帰省してふるさとの里山に親しんだり…
・清らかな川に泳ぎに行ったり…
・自然の中でBBQをしたり…
・山より海派の人は、「海の里は山にあり」ということで山登りしてみたり…
とにかく自然に触れあいながら、山に親しむことが大事なのでしょう。

普段から山に住んでいる私は、今日の朝「白川」沿いを歩いてきました。
先日の大雨の影響による増水のおかげで、汚れが落ち、
ものすごく澄んだ川になっていました。

写真を撮ってきたのでご覧ください!写真だとわかりずらいですが、
今日の白川はまさに「清流白川」。一見の価値ありです!

ぜひ日本の祝日である「山の日」は
東白川村へ遊びに来てください♪

お茶香るガトーショコラ

2017.08.01

タイトル画像 ガトーショコラ画像

 
はじめに
『お茶をより広く愉しんでほしい』
この思いを実現するために、美濃白川茶の生産地岐阜県東白川村の道の駅『茶の里東白川』では村内のお茶を使用したガトーショコラを商品化いたしました。
お茶屋だからこそできる、本物のお茶の味・香りがするガトーショコラを皆様のもとへお届けいたします。
製造工場がある岐阜県東白川村
茶畑
岐阜県の中濃地域にある東白川村。日本国内にて北限のお茶の産地として知られています。 東白川村では美濃白川茶を栽培しております。
今回発売となったガトーショコラは、東白川村内の道の駅『茶の里東白川』に隣接する製茶工場『茶蔵園』と加工食品製造工場『茶の里工房』のコラボ商品となります。
東白川村産のお茶を使用し東白川村内で製造しております。
製茶工場 茶蔵園
茶蔵園
道の駅茶の里東白川に隣接する製茶工場『茶蔵園』。
東白川村内で栽培されたお茶を使い製造を行っております。煎茶・ほうじ茶をはじめ20種類以上の定番商品を揃えているだけでなく、季節に応じて限定茶も製造をしております。
飲料用としてだけではなく、お茶の愉しみ方を広げるためにお茶を使ったお菓子、スイーツ、お茶請けなどオリジナル商品の開発に取組んでおります。
商品製造工場 茶の里工房
茶の里工房
道の駅茶の里東白川に隣接する製造工場『茶の里工房』。
地元産の素材を使った無添加食品の商品開発を行っているだけでなく、隣接する『おいしい自然工房cafe』のメニューの開発も行っております。 ガトーショコラにおいては、衛生管理のされた施設において一本ずつ手作りで製造をしています。
商品開発の経緯
煎茶の粉末
茶師がお茶を使った贈答品を作れないかと考えていたところ、ガトーショコラと煎茶とのコラボレーションの商品開発に至りました。開発過程においては、茶師がチョコレートに合う煎茶を見極めることに苦労しました。ランクの異なる煎茶を粉末にしてテストを続けること6ヶ月、「煎茶香るガトーショコラ」の商品化に至りました。「抹茶香るガトーショコラ」は、製菓用抹茶ではない抹茶を使用することにこだわりました。二種類のガトーショコラを商品化したことで、お茶の愉しさをグンと広げることになりました。
商品紹介

煎茶香るガトーショコラ

煎茶香るガトーショコラ
東白川村産美濃白川茶100%使用。
茶蔵園の茶師が煎茶の風味・味が最大限引き出せる煎茶を選定いたしました。
本場のお茶屋の煎茶の味をお楽しみいただけます。
受注生産にて承っております。

 

抹茶香るガトーショコラ

抹茶香るガトーショコラ
茶蔵園の茶師が選定した京都府丸久小山園の抹茶100%使用。
ガトーショコラとのコラボにおいて、味・香りが最大限に引き出される抹茶を使用しております。
製菓用ではない抹茶を使用することで抹茶本来の上品な味わいをお楽しみいただけます。
受注生産にて承っております。

 

大好評!新・ペットボトル茶「本煎茶」セール中です!

2017.07.28

茶蔵園のペットボトル茶「本煎茶」が7月の中旬に新パッケージなりました。
その記念に伴い、道の駅茶の里のみで8月20日までお中元セールを行っておりましたが、
遠方からのお問い合わせも多く、この度ホームページにて告知することにいたしました。

新パッケージのイラストは、東白川村の五加地区にある茶園の風景です。
この風景は東白川村が「美しい村連合」に加盟するときの審査対象となった
代表的な風景です。

お茶を飲みながら、東白川村の風景を知ってもらいたいという
想いでこの新パッケージにしました。
少しでも東白川村のことを知っていただければ嬉しいことです♪

もちろんこだわりはパッケージだけではありませんよ。
中身もしっかりとこだわっております!
使用している茶葉は東白川村の茶葉を使用し、
茶葉を低温抽出することで、しっかりとした味わいがあります。

ぜひお得なセール期間中にお買い求めください!
セール内容は下記になります。

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
期 間:平成29年8月20日(日)迄

値 段:2500円(税込)/1箱
※通常3326円(税込)なので826円お得です!

送 料:750円/1箱 ・ 1050円/2箱

お問い合わせ先
(有)新世紀工房
TEL:0574-78-3123
※(有)新世紀工房は道の駅「茶の里」と製茶工場「茶蔵園」を
運営している第3セクターです。   
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

道の駅茶の里「夏の収穫祭2017」開催します!

2017.07.20

いよいよ今週末の7/22、23日に、道の駅茶の里では
「夏の収穫祭」を開催します!

東白川村の農産物は、
清らかな水、おいしい空気、豊かな土壌
そして寒暖の差が大きく、おいしい野菜が育ちます。

夏は野菜はトマト、ナス、ピーマン、キュウリ、とうもろこしなどなどが
育ち、茶の里の産直に並びます。
また夏の果実としてブルーベリーも大粒で甘くておいしい物が育ちます。

また川の幸として鮎が獲れます。夏の時期は釣り人たちで
清流白川は大賑わいです!
鮎の香りも味も、「白川の上流で釣れる鮎はうまい!」と好評です。

今週末に開催される「夏の収穫祭」では、東白川村で収獲された
山の幸、川の幸に感謝の気持ちを込めて開催します!
少しでも多くの方に東白川村の収穫物を味わって頂きたいと思います。

そしてやはり東白川村といえば「美濃白川茶」の茶産地。
今まさに二番茶の収穫の最中です!
まだ二番茶の販売はしておりませんが、茶の里の売店では
今流行りの「水で淹れる煎茶」の試飲を行っております!
もちろん当日も数種類の「水出し煎茶」の試飲を行いますので、
ぜひお越しください!

それでは夏の収穫祭の催しの案内です。

①冷茶で涼もう!水出し煎茶の振舞い。
 お湯を使わず水だけで淹れた、煎茶やほうじ茶を振舞います。

②清流白川の幸!今が旬の鮎料理。
 白川の上流で釣れた天然の鮎を使った料理を販売します。

③山の果実。ブルーベリー狩り!
 自社のブルーベリー農園で短時間のお試し体験として、
 20分500円のブルーベリー狩りが行えます。
 茶の里野外売店では、ブルーベリーパフェも販売しております。

④夏野菜の販売!
 産直「農家野菜市」では農家さんが丹精込めて育てた夏野菜を販売します。

⑤ワークショップで夏の思い出づくり!
 美濃和紙の茶筒、東農桧のコースター、木のキーホルダーなど
 気軽に体験していただけます。

ペットボトル茶「本煎茶」も新パッケージになり。
8月20日までセール価格で1箱2500円にて販売します。
その他にも食べ物や飲み物など、ご用意しております。
ぜひ週末は東白川村の道の駅茶の里へお越しください!

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
日時:平成29年7月22日(土)23日(日)
   10:00~15:00
   ※道の駅茶の里の営業時間は9:00~17:00です。
場所:道の駅茶の里
   岐阜県加茂郡東白川村越原1061
お問い合わせ先:0574-78-3123
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■



 

住所
〒509-1301
岐阜県加茂郡東白川村越原1061
営業時間
3月中旬~12月 9時~17時
1月~3月中旬 9時30分~16時30分
1月~3月中旬までの月曜日と12月30日、31日、1月1日は休業日とさせていただいております。
定休日
不定休
その他
トイレ、公衆電話、WiFi、電気自動車充電は365日24時間ご利用いただけます。
ページの先頭へ

有限会社 新世紀工房
岐阜県加茂郡東白川村越原1061 【TEL】0574-78-3123 【受付時間】9:30~17:00

Copyright c 2012 Michinoeki Chanosato Higashi Shirakawa All Rights Reserved.
わたしたちの東しらかわ村