HOME > 最新情報

過去情報一覧

茶蔵園 製茶工場の案内

2018.03.02

道の駅茶の里に併設している、美濃白川茶製茶工場「茶蔵園」

今回は茶蔵園の製茶工場では何をしているのか、どのように煎茶がつくられているのかを紹介したいと思います!

煎茶ができるまでにはさまざまな工程があり、
東白川村の茶業では一次加工二次加工に分けられます。

一次加工は茶農家さんの組合(東白川製茶工場など)にて行われます。
工程の内容はおおまかに…
①茶の樹の栽培、茶葉の収穫します。(5月に一番茶、7月に二番茶)
②収穫した茶葉を「蒸し、揉み、乾燥」の工程を経て「荒茶」という原料ができあがります。
工程の内容は5月の新茶の時期に工場が動きますので、その時に情報をお届けします。

一次加工で出来上がった荒茶を、茶蔵園の茶工場にて二次加工を行います。
内容は荒茶を「選別、焙煎、ブレンド」の工程を経て煎茶に仕上げ、お茶の商品にする事が私たちの役割です。

今回は茶蔵園の工場では何が行われているのか…
ざっくりになりますが紹介します!

製茶工場 東白川村 茶蔵園 道の駅 茶の里東白川 新世紀工房 白川茶 美濃白川茶
茶蔵園の製茶工場の公開です!

白川茶 美濃白川茶 茶蔵園 新世紀工房 道の駅 茶の里東白川 東白川 東白川村
荒茶(写真右上)には茶葉、粉、くき、細かい茶葉、硬い茶葉が全て混ざっています。
まずは荒茶を様々な機械を使用して選別をしていきます。
右上から時計回りに、荒茶、粉、くき、頭(硬い葉)。粉は粉茶になり、
くきはくき茶になり、頭はほうじ茶にしています。

ではどんな方法で選別しているか説明していきましょう。

白川茶 美濃白川茶 新世紀工房 東白川村 東白川 道の駅 茶の里東白川
総合仕上機。多数の網が入っていて、良い茶葉、硬い茶葉、細かい茶葉、粉を選別します。


電気選別機。電気と風を使って細かい茎の部分を選別します。
細かい茎は電気に引っかかり、風によって飛ばされるのです。


色彩選別機。光を使って茎を選別します。

茶葉に混ざっている茎の部分を白色と認識し選別する優れものです。


乾燥火入れ機。通称「火入れ機」
二次加工にて煎茶を作る工程で最も重要なのが「火入れ」、茶師の腕の見せ所なのです。
この機械で茶葉を焙煎することで、お茶屋ごとの味の違いをだしたり、
茶葉の特徴を活かした火入れをして茶商品をつくります。焙煎方法は企業秘密です!


火入れをしながらお茶の味を決めていきます。
茶葉の持つ特徴を大切に「滋味、香り、水色」をチェックします。
またお客様が飲むときのシーンや商品をイメージして味を決めています。


ブレンダー(合組機)。焙煎した茶葉を投入して均一に混ぜたりします。

その他にも活躍する場面がありますが、また詳しく紹介します。


出来上がった煎茶。最後に確認をします。
おいしく出来上がりました♪

 

新発売記念セールです~

2018.02.28

皆さんお疲れ様です~

昼食終えて今一番睡魔と格闘しながら仕事を頑張ってみえるかと?

一杯の渋めのお茶を飲みながら睡魔をふっ飛ばし仕事頑張ってくださいね~

実は本日は新発売記念セールということで”道の駅 茶の里 東白川”では

茶蔵ハムセット、練プレーン、練スモーク、茶ストラミがなん~と

10%OFFにてお値打ちに販売させていただいてます~

私も練プレーンと練スモークを購入して孫も喜ぶこいのぼり寿司を作ってみようかな?と

考え中です~

茶蔵ハムコンテストを開催してもいいかも

お酒のあてにも、孫のおやつにも

安心して食せることが出来ることが何より嬉しいことですよね~

 

 

「茶蔵園のお茶」取扱店の紹介 -恵那市-

2018.02.22

前回「茶蔵園」取扱店の紹介で、
加茂郡、可児市、関市、各務ヶ原市エリアのお知らせしましたが、
今回は恵那市の店舗のご案内です!

「茶蔵園」のお茶はどこで買えるの?
といったお問い合わせをよく頂きます。

基本的には本店である「道の駅茶の里」か通販での販売になりますが、
店までの距離や、送料などがちょっとネックですよね…?

そんな方におすすめ!

茶蔵園の商品は、岐阜県内を中心に、
いろんなお店で取り扱いをして頂いております。
エリアは、加茂郡、可児市、関市、各務ヶ原市、
中津川市、恵那市、下呂市、名古屋市にあり、最近は
長野県福島県にも取扱店が増えました♪

今回は恵那市の取扱店の紹介をします!
2店舗ありどちらもサービスエリアですが、高速道路を
使用しなくても裏から入場できますよ♪

茶蔵園のお客様で「この商品を置いてほしい!」などがありましたら
リクエストください♪
その他にも「新しく○○のお店に置いてほしい」など、良いお店がありましたら
ご紹介ください♪

できる限りお応えいたします!

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■


■恵那峡サービスエリア・上り
住所:岐阜県恵那市大井町船山1120

■恵那峡サービスエリア・下り
住所:岐阜県恵那市大井町2194-104

ジビエシュラスコ止まらない人気で期間延長!!

2018.02.17

4年目を迎えたジビエシュラスコ食べ放題!は、東海テレビ「スイッチ」で放送されて以来、連日遠く県内外からたくさんのお客様にお越し戴き大満足いただいています。11月からはじめて早3ケ月を迎えましたが、その熱は加熱するばかりで、未だに問い合わせのお電話をいただき、土日は満席で2回転して対応させていただいています。今年はお陰で良質な猪肉、鹿肉が安定して入手でき何とか量も足りています。
2月末までの予定でしたが、延長の声が多く3月4日(日)を以って終了させていただきます。席数に限りがあります。ぜひ、お早めに予約申し込みください。
  《直通電話  茶の里会館  0574−78−3130》

猪肉、鹿肉、飛騨旨豚、EM鶏、無添加ソーセージ、お惣菜&サラダバーが食べ放題!
さらに、猪の頬とスネで出汁をとったにごみ野菜鍋に好みのドリンク付いて税込1、950円(税込

茶蔵園 玄米茶のお話

2018.02.14

今年の1月に販売がはじまりました茶蔵園の新商品「上玄米茶」
販売に伴い、玄米茶のパッケージも変更しました。

「玄米茶は食事の時に飲むお茶…普段使いに…安い…」という概念が多いのではないでしょうか?
特に岐阜県の方は玄米茶が好きな方が多い中、きっとそう思っている方が多いはず!
でも玄米茶も良質な茶葉と良質な玄米でつくると全然違うのです。

今まで販売していた玄米茶は夏摘み二番茶を使っていました。
味はサッパリとし、強い火香(焙煎した茶葉の香り)が特徴です。
玄米は国産のうるち米の玄米。一煎目の香りは香ばしさを楽しめますが、
二煎目以降は香りがぼやけてしまうのが難点です…

上玄米茶には東白川村産の春摘み一番茶を使用。
爽やかで上品な香りと味があります。
玄米は特上のもち米を硬炒りした玄米を厳選。
うるち玄米ともち玄米は飲み比べると全然違い、もち玄米の方が香りが良いです。
また炒り方も浅炒り~硬炒りとあり、浅炒りだと最初の一煎目はフワッと香りが立ちますが、
二煎目以降はあまり香りがたちません。
しかし硬炒りだと、浅煎りと比べ香りのたち方は控えめですが、二煎目以降も長持ちします。

茶蔵園の玄米茶シリーズは3種類。
「どの玄米茶にしようか・・・」なんて楽しみながら迷って頂ければ嬉しく思います♪


玄米茶シリーズは3種類。上玄米茶(中)、並玄米茶(右)、抹茶入り玄米茶(左)


「上玄米茶」
東白川村の春摘み一番茶と国産もち玄米をブレンド。
春摘み茶の爽やかな香りと、上品な玄米の香りが楽しめます。
玄米は硬炒りなので、二煎目以降もこうばしい香りが長持ちします。


「並玄米茶」
岐阜県産の夏摘み二番茶と国産うるち玄米をブレンド。
さっぱりとしたお茶の味と玄米の香りが楽しめます。
一煎目から熱々のお湯を注ぐことで、玄米の香りがフワッと引き立ちます。


「抹茶入り玄米茶」
並玄米茶に京都宇治の石臼挽き抹茶をブレンド。
上品な抹茶のまろやかな味と、玄米のこうばしい香りが
楽しめます。

茶蔵ハム新パッケージにて販売中です~

2018.02.08

 天候は良いのに外気温が上がらない感じの冷え込みとなっています。

道の駅の特産品である”茶蔵ハム”も心も身体もほっこりできるような新たなパッケージで”茶蔵ハム”販売開始始めました。

お茶屋ならではの発想から生まれた無添加ハム

緑茶浸漬製法(煮出した緑茶に浸漬、またはかけ流す独自方法)で加工された”茶蔵ハム”まさに

出荷まで抗生物質・合成抗菌剤のホルモン剤、薬剤など一切使用せずEMを飼料に与えた豚肉を使用し

食味を向上させるために山芋を練りこみ

後は麦芽糖、塩、胡椒、にんにく、バジルなどを豚肉に練りこんだだけの”茶蔵ハム”

保存の決め手は低温殺菌

緑茶の殺菌効果+低温による包装加熱後殺菌により食味を落とすことなくチルドでの保存可能

製造日より40日の賞味期限可能な商品です。

注目したいのが食味も勿論の大切ですが、食を安心して食べて頂くことが出来る商品であること

こんな商品がどんどん出来上がっていったら本当に嬉しいですよね。

 

 

 

確かな手応え健康博覧会2018茶蔵ハム高評価!

2018.02.05

1月31日から2月2日まで東京ビックサイトで開催された
健康博覧会2018に弊社の茶蔵ハムと試作品特別栽培茶のエキ
ス緑茶を展示し230名を超えるバイヤー関係者みなさんに試食・
試飲をしていただきました。
雪の心配もありましたが会場には昨年を上回る3日間延べ
36,912人の来場があり、健康産業への関心が年々高まってい
ることを示しています。
弊社は、オーガニック&ナチュラル・プロダクツ展に出展。ハム関
係では新世紀工房だけとあって注目されました。
ブースには、様々な業種のバイヤーお起こしになり、海外への輸出
を含め興味を示した方が多くありました。
特にエステサロン関係の方が完全無添加で高タンパクなハムに
高い関心が集まり新しいチャネルだと感じました。
 
今年2回目の東京ビックサイトへの出展ですが、おなじみの「ハム
かまぼこのネーミングとパッケージについて改善を求める意見が多く、
1ケ月余りでコンセプトを見直し再チャレンジしました。

「ミンチを使った練りハム」であることから「練」をレンと名付けました。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
茶蔵ハム 「練」プレーン
茶蔵ハム 「練」スモーク そしてお茶をまぶした
茶蔵ハム  茶ストラミ 

の3種を小箱入れたギフトボックスを作りました。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
その結果
 
味、健康性、ストーリー性に加えパッケージ、ネーミングについて
も若い方から高齢の方まで男女を問わず幅広く支持をいただけたこと
で、6年目にしてやっと光明を感じた展示会となりました。
会場で知ったことですが、それは腹筋女子への警告です。
それはカラダ作りの根幹を成すタンパク質をバランス
よく摂れていないことにありました。
 
茶蔵ハムは、低カロリー、高タンパク、減塩。しかも脂質は程よく
あって糖質は低く、完全無添加ながら薬品を使わないで育てた
豚肉を使用している点は、美しい体幹を作るには欠かせない
良質食材だと評価されたのです。
野菜宅配御三家の統合が話題となりましたが、 
有機サラダと茶蔵ハムの取り合わせが統合したオイシックスで採用
されないか机上の空論ですが、夢を膨らませています。
 
社長 村雲
 
※商品はこちらのネットショップからご購入頂けます。
 

春の季節茶「抹茶入り特上煎茶 春うらら」販売開始

2018.02.03

東白川村では雪が積もったりと冬景色が続きますが、
道の駅茶の里では一足早く春らしいディスプレイに変わりました♪

本日から店のメインコーナーを飾るのは、
茶蔵園の春の季節茶「抹茶入り特上煎茶春うらら」です!
東白川村の春摘み一番茶に、
ご縁のある京都宇治の老舗茶舗「丸久小山園」の石臼挽き抹茶を贅沢にブレンド。
白川茶の力強い味に、抹茶の上品な味と香りが調和して、
まろやかなお茶に仕立ててあります♪

また抹茶の緑鮮やかな水色は新緑の春のようで、
お茶を通じて春を感じさせてくれます♪

本日より茶の里では試飲を行いますので
ぜひお立ち寄りください!


春らしく明るいパッケージを並べました♪


春うらら60g-800円(税込)


春うららティーバッグ3g×12個-648円(税込)
春うららティーバッグ3g×2個-150円(税込)
※2個入りはちょっとしたお使い用に楽しく使えるように
いろんなデザインのパックを用意しました。 


2/3から茶の里にて試飲販売行います。
ぜひお立ち寄りください♪

東白川村の自慢を全国にお届けします

2018.01.31

東白川村の特産品が集まるネットショップ
「つちのこマルシェ」のご紹介です。

岐阜県の東部に位置する東白川村は、標高1,000m級の山々に囲まれ、
総面積の9割が山林で、高級建築材ブランド「東濃ひのき」の主産地となっています。
東西に村名の由来ともなった清流「白川」が貫流し清らかな水と澄んだ空気が、
白川茶、高級建築材「東濃ひのき」、地元のおいしい野菜を育んでいます。
東白川村は全国の皆さまに自慢の特産品をお届けします。

「東白川村の自慢を全国にお届けします」
ということで様々な特産品があります。
道の駅茶の里も白川茶をはじめ美味しい物を取りそろえております!
ぜひ一度ご覧ください。

つちのこマルシェのサイトはこちらです♪

https://www.vill.higashishirakawa.gifu.jp/shop/tenpo/10006

東京ビックサイト健康博覧会 オーガニック展 出展!

2018.01.26

オーガニック&ナチュラル・プロダック展
1月31日、2月1日、2日の3日間東京ビックサイトで開催される健康博覧会
2018に新世紀工房が出展します。

この展示会は、国の成長戦略の一環として、健康寿命延伸産業の活性化に向けた取り組みが推進されています。本展は、この「健康寿命の延伸」をテーマとした、健康産業最大のビジネストレードショーです。

今回の出展は、日本初の緑茶浸漬による茶蔵ハムシリーズのプレゼンテーションです。
タグライン:飾らないやさしさ
そんなコンセプトで商品化した完全無添加「茶蔵ハム」シリーズをはじめ、エキス緑茶革命 飾らない味と香りの高級白川茶エキス粉末の試飲も同時に行います。

出展一覧から抜粋
ブース番号 4U-26  初出展  有)新世紀工房
緑茶の機能性を食肉加工に用いた特許製法:緑茶浸漬製法により仕上げた完全無添加の食肉製品。それが「茶蔵ハム」です。

 

住所
〒509-1301
岐阜県加茂郡東白川村越原1061
営業時間
3月中旬~12月 9時~17時
1月~3月中旬 9時30分~16時30分
1月~3月中旬までの月曜日と12月30日、31日、1月1日は休業日とさせていただいております。
定休日
不定休
その他
トイレ、公衆電話、WiFi、電気自動車充電は365日24時間ご利用いただけます。
ページの先頭へ

有限会社 新世紀工房
岐阜県加茂郡東白川村越原1061 【TEL】0574-78-3123 【受付時間】9:30~17:00

Copyright c 2012 Michinoeki Chanosato Higashi Shirakawa All Rights Reserved.
わたしたちの東しらかわ村