月別アーカイブ: 2017年2月

初公開!茶蔵園の製茶工場

道の駅茶の里に併設している、美濃白川茶製茶工場「茶蔵園」
今回は茶蔵園の製茶工場では何をしているのか、どのように煎茶がつくられているのかを紹介したいと思います!

煎茶ができるまでにはさまざまな工程があり、
東白川村の茶業では一次加工二次加工に分けられます。

一次加工は茶農家さんの組合(東白川製茶工場など)にて行われます。
工程の内容はおおまかに…
①茶の樹の栽培、茶葉の収穫します。(5月に一番茶、7月に二番茶)
②収穫した茶葉を「蒸し、揉み、乾燥」の工程を経て「荒茶」という原料ができあがります。
工程の内容は5月の新茶の時期に工場が動きますので、その時に情報をお届けします。

一次加工で出来上がった荒茶を、茶蔵園の茶工場にて二次加工を行います。
内容は荒茶を「選別、焙煎、ブレンド」の工程を経て煎茶に仕上げ、お茶の商品にする事が私たちの役割です。

今回は茶蔵園の工場では何が行われているのか…
ざっくりになりますが紹介します!

製茶工場 東白川村 茶蔵園 道の駅 茶の里東白川 新世紀工房 白川茶 美濃白川茶
茶蔵園の製茶工場。初公開です!

白川茶 美濃白川茶 茶蔵園 新世紀工房 道の駅 茶の里東白川 東白川 東白川村
荒茶(写真右上)には茶葉、粉、くき、細かい茶葉、硬い茶葉が全て混ざっています。
まずは荒茶を様々な機械を使用して選別をしていきます。
右上から時計回りに、荒茶、粉、くき、頭(硬い葉)。粉は粉茶になり、くきはくき茶になり、頭はほうじ茶にしています。
ではどんな方法で選別しているか説明していきましょう。

白川茶 美濃白川茶 新世紀工房 東白川村 東白川 道の駅 茶の里東白川
総合仕上機。多数の網が入っていて、良い茶葉、硬い茶葉、細かい茶葉、粉を選別します。


電気選別機。電気と風を使って細かい茎の部分を選別します。
細かい茎は電気に引っかかり、風によって飛ばされるのです。

色彩選別機。光を使って茎を選別します。
茶葉に混ざっている茎の部分を白色と認識し選別する優れものです。


乾燥火入れ機。通称「火入れ機」
二次加工にて煎茶を作る工程で最も重要なのが「火入れ」、茶師の腕の見せ所なのです。
この機械で茶葉を焙煎することで、お茶屋ごとの味の違いをだしたり、茶葉の特徴を活かした火入れをして茶商品をつくります。焙煎方法は企業秘密です!


火入れをしながらお茶の味を決めていきます。
茶葉の持つ特徴を大切に「滋味、香り、水色」をチェックします。
またお客様が飲むときのシーンや商品をイメージして味を決めています。

ブレンダー(合組機)。焙煎した茶葉を投入して均一に混ぜたりします。
その他にも活躍する場面がありますが、また詳しく紹介します。


出来上がった煎茶。最後に確認をします。
おいしく出来上がりました♪

今後茶蔵園の各茶商品がどんな風に、どんな想いで作っているか…
徐々に皆さんへお伝えしたいと思いますので、楽しみにしていて下さい!


茶蔵園 福島県白河市へ出張販売

2月11日に福島県白河市にて毎年行われているお祭り「だるま市」に茶蔵園が出店し、
美濃白川茶の試飲販売を行ってきました。

昨年の8月に白河市にあるJA夢みなみの農産物直売所「り菜あん白河店」とご縁があり、
店内にてお茶商品を販売して頂いております。
その繋がりから今回は、まつり会場内の「り菜あん楽蔵店」にて
出張販売をさせてもらえました。

福島県にて岐阜県の美濃白川茶を販売していると、99.9%の方が知らないのが現状です。
しかし飲んでいただくと「香りがいいね」、「おいしいね」と評価してもらえました!
少しずつでも美濃白川茶を知ってもらい、
少しずつでもご縁ができ、繋がりができれば嬉しい限りです!
今後も機会があれば福島県に行きたいと思います。

茶蔵園の美濃白川茶取扱店は「り菜あん白河店」と「り菜あん楽蔵店」になります。
少しですがおすすめ茶商品を販売しておりますので、どうぞよろしくお願いします。

り菜あん白河店
福島県白河市弥次郎窪29−1

り菜あん楽蔵店
福島県白河市中町65−1


茶蔵園の森本(右)と安江(左)です。寒いのでかなり着込んでいます。


試飲の振る舞い!美濃白川茶の緑のはっぴが目立っています。


アツアツのお茶を淹れています。


春の季節茶「春うらら」販売開始です

茶蔵園の春の季節茶「抹茶入り特上煎茶 春うらら」の販売が始まりました。
東白川村の自然はまだまだ色づいてはおらず冬の風景ですが、
茶の里の売店は春うららの販売により、一足早く春が訪れています。

春うららの特徴は、
抹茶は京都の老舗茶舗「丸久小山園」の石臼挽き抹茶を贅沢に使用しました。
味、香りはまろやかで上品且つ、爽やかな風味と鮮やかな水色は新緑をうかがわせます。

この抹茶に併せる煎茶は、東白川村の春摘み一番茶を少し高めの温度でじっくりと焙煎をし、
飲み応えのある特上煎茶に仕立てました。

春うららのおすすめの飲み方は、
一煎目は、緑鮮やかな水色(すいしょく)をまずは目でお楽しみ下さい。
それからお茶と抹茶のまろやかな味をお楽しみ下さい。
二煎目は、熱めのお湯で入れて、煎茶の風味をお楽しみ下さい。

まだまだ寒い日が続きそうですが、春うららを飲んで頂くことで、
これからの桜の時期を、近づいてくる春の訪れを楽しんで下さい。

IMG_3867 IMG_3868 IMG_3869