月別アーカイブ: 2016年6月

ブルーベリー食べ放題開園でーす 大粒で甘ーいと大満足!!

今年も開園を心待ちにしていただいた「有機ブルーベリー園の食べ放題」を開園しました。
50分食べ放題で中学生以上の方には、持ち帰りパックが付いてとてもお得です。

本日は、昨年もお越しいただいた三重からお客様4名様(左)と 
名古屋からお越しのお二人様(右)にご来園いただきました。
この時期は、北欧系のハイブッシュが色んでいます。酸味と甘みのバランスが良く
大粒でとても美味しいです。
ただ、実を付ける数が少ないので、大きな実からだんだん小さくはなっていきますが、
それでもスーパーのブルーベリーに比べたら倍以上はあります。
500円玉に近い大きさのチャンドラーも色んでいます。
お早めにご来園いただければGETできるチャンスがあるかも

8月下旬まで摘み取りできます。機会がありましたら、何度でもご来園ください。
季節毎に味の違うブルーベリーが楽しめます。
IMG_0444                                                                             


新茶初摘み人気です!販売は6月30日まで 

茶の里会館のこの季節おすすめは茶は、もちろん新茶「初摘み」はつみです。
マイナス12℃を超える厳冬の寒さを越えて山茶の旨味と香りを蓄えた石垣茶
が美濃白川茶の発祥の地でもある「東白川村のお茶」です。
新芽のやわらく爽やかな味と香りに、山茶の深みある味わいが特長です。
ぜひ、ご自宅用におもてなしに、またお使いものでいかがでしょう。
パッケージは、若い女性の皆さんにも手にとっていただきたいと、
カラフルなオシャレな雰囲気にしました。

IMG_3838


蘇る幻のマタイチ(カジカ)奇跡の捕獲 

6月13日登り落ち漁の名人 松岡さんマタイチが絶滅したと言われてから
数十年が経過したこの日の朝、仕掛けたウケの中に何とあの幻のマタイチが
一匹入っていました。 興奮気味に朝の野菜出荷の際に語られ、すぐさま飛んで
いき確認。まさしくあのマタイチでした。
捕獲したのは、山共製材の前の川です。道の駅の500mほど上流です。

私自身30年以上も見ておらず、嬉しさが込み上げ感動し、思わず村の
広報担当に連絡し、取材してもらいました。
実は、川底の汚れが近年気になり美しい村の象徴である白川を蘇らせる運動「マタイチ
よ蘇れ!!」を地域ぐるみで展開しなければと企画を温めていた矢先のことでした。
松岡さんも長年登り落ち猟を続けながらも、初めてのこと。
最近マタイチが採れた夢を見ることがしばしばあったようです。

10㌢足らずの大きさのこどもなので、親が必ずいるはずです。ウケに入るということは
ある程度の数がいると仮定されます。ワクワクしてきます。

まずは、皆さんにお伝えしたく写真を公開しますね。
マタイチは学名で「カジカ」と呼ばれ全国の河川では見られます。近隣の河川でも
確認はされていますが、白川からは絶命したと言われて何十年か立ちます。

道の駅茶の里のテラスの下段の水槽で生かしています。機会があったらご覧ください。
天然記念物のババネギ(学名ネコギギ)も1匹います。
マタイチ2 マタイチ1


尾方さん ハンドメイドルアーで33㌢の化け物アマゴGET!!

6月12日早朝7時19分メールに添付された写真を見て
目を疑うビックサイズのアマゴにビックリ。
その後道の駅、現物を拝見すると化け物の意味が分かりました。
40㎝前後のアマゴは東白川村のギネスにもなっており知識はありましたが
10㌢はある体高は異様なほどでした。
恐らく鮎の稚魚をたらふく食べてビックな魚体になったのでしょう。
道の駅で通りすがりの方も余りの大きさに「写真を撮らせて」と驚きを隠せない
様子でした。
いつもの道の駅下流のポイントですが、自作の手づくりルアーでのGETですから
喜びもひとしおです。
タモを忘れ5分ほどのやり取りで仕留めた獲物です。
浅瀬や瀬ではまったく反応が無いとのことで
やはり深場にたまっている鮎の稚魚を猛烈に食べた結果としか思えません。
極度な渇水で捕食しやすい状況にあったことが急激に激太りし化け物に育ったのかと
推察します。

今回の釣果は、これだけではありません。25㌢級をさらに2本を足した釣果でした。
ライズは結構ありバラしもあったようです。
まだまだいます いったいどんなモンスターに育っているのでしょうか
「増水後が楽しみ・・」とワクワクしてみえた尾方さんからの釣果情報でした。

化け物あまご 小さい方で25㎝あります  重さと体高を測るのを忘れましたが手の大きさで判断してください


ブルーベリー1本の早生が色付き始めました^^ うん甘い!!予約受付開始

ブルーベリーファンの皆さんから、もうそろそろですか・・と問合せ、予約をいただく時期
になってきました。
まだまだと思って毎日草取りをしていましたが、地主のおばあさんからカラスが狙っているよ・・との連絡を受け、一番上の早生の棚を見にいくと1本の木が結構色付いていました。

慌ててネットを掛け対策をしましたが、枝が折られ大粒の実がまとまって落ちていました。
全体的には、まだまだなので摘取りができるころになったらお知らせしますね。

まだ少し早いとは思いましたが、一粒色付いたブルーベリーを摘んだところ、もう既に甘くて
おいしかったです。

今年も、大粒で甘いブルーベリーがご提供できるようでとても楽しみです。

 

食べ放題摘取り体験料ですが、有機栽培のため草取り等の管理費が嵩みます。
一部見直しをさせていただきますので、ご了承の上ご予約ください。
狭い場所なので予約状況によりますが、可能な限り飛び入りでも対応はできるよう
にしていきます。

入園料は無料です

摘み取り食べ放題(50分)
ファミリーに優しい料金設定です

※小学生700円をお土産パックを外して500円としました

・中学生以上     1200円(お土産用パック付き)
・小学生        500円(お土産用パック付きません)
・幼児(4歳〜)    300円(お土産用パック付きません)
・3歳以下         無 料

昨年まで小学生未満の幼児は無料でしたが、大人顔負けの食欲で驚きました。
管理費もかかりますので、
4歳〜 一律 300円とさせていただきます。
ただし、3歳未満は無料とさせていただきます。

持ち帰りパック料金1パック 500円は変わりありません。超お得です!!

早生系ハイブッシュは、6月下旬から7月中下旬 大粒で甘みと酸味のバランスが良く人気です。
実の数が少ないこともあり、集中する場合は、受入を制限させていただきます。

晩生の甘いラビットアイ系は7月中下旬から9月上旬です。

7月中下旬には、ハイブッシュ系とラビットアイ系の両方を楽しむことができます。

開園については、HPでお知らせします。
予約受付
道の駅茶の里会館
0574−78−3130(直通)

ブルーベリー6月9日

 

 

 

 

 


エゴマの苗800本定植 種まき約10,000セル完了!!

茶の里農園では、エゴマの栽培を行うことにしました。
健康をキーワードにした産直には、欠かせないもの穀類です。
佐見在住の日本エゴマ協会会長でもある服部圭子さんに指導を受けての
初挑戦です。

現在の茶の里農園には、空いた畑に800本の苗を定植。
機械化の実証を行う荒廃地には約10,000本の苗を機械で植える
ため、種蒔きを農場長にしてもらいました。

茶の里農園は、完全有機栽培ですので、草の対策を十分に行えるよう
大豆の機械を活用して栽培を試みてみます。

とにかに体に、脳に良いエゴマをお届けできるよう頑張ります

えごま種まき えごま植え付け2 えごま植え付けjpgえごま播種


太公望待ちかねの鮎釣り解禁 6月18日 魚影濃く期待!!

今期の白川上流域の鮎友釣り解禁は、6月18日(日)です。
放流当初から水量が安定していたので、良型が期待できると思います。
ただ、大水が出ていないので、放流した場所に固まっており、釣果ムラが
ありそうです。梅雨に入ったので、まとまった雨に期待したいものです。

各地の河川では、既に解禁となっており待てない釣りキチさんから
郡上高鷲での釣果情報が送られてきました。
キレイな湖産の魚体です。釣果は50匹ほどだったそうです。
解禁が待ち遠しい皆さん、せめて写真を見てもうしばらくのガマンして
ください。

IMG_2037


尾方さんの釣果情報

体高も大きくなった天然アマゴ その美しい魚体が釣り人を魅了します。
5月28日の釣果情報を送っていただきました。

さすがですね 村内の釣り人でもこうは釣れません
あやかりたいものです

メールの原文を紹介します
こんにちは。遅くなりましたが、先週土曜日午前中だけやりました!
前半エサ、後半ルアー。
エサの部、食い良く早朝にアタリ集中しました!
5匹(20センチ以外は即リリース)
ポイントは道の駅より下流です!
後半の部ルアー、良型出ます!バラします!辛うじて良型ゲット
(もちろんハンドメイドルアー)でも25センチの壁が~
ポイントは東白川で青い車が停車してる所です。
次回はルアーで加子母&東白川で砲弾アマゴ狙い

ヒットポイントは共通して水流の強い深場でした。
チャラ瀬等の浅場は全くダメ。
強い水流がキモだったかも。
俺流のコツがパターンが分かったら徹底的に同じパターンを攻めます!
特にルアーでは大事

あまご


ブルーベリー園の駐車場 整備できました

これまでブルーベリー園は、駐車場がなく原野に3台ほどしか置けませんでした。
このため、道の駅で受付をし案内する方法で、受入台数を制限していました。
今回、舗装はしてありませんが、以前の原野の部分に20台ほど、中段のほ場の
一部に5台ほどを駐車できるように整備し、このほど完成しました。
今年は、現地で直接受付できるようにしたいと思っています。

準備が出来次第HPでお知らせします。
詳しくは、お問い合わせください。

0574−78−3123(茶の里会館直通 78−3130)

BB駐車2 BB駐車1


鬼まんじゅうの紅はるか 1000本植え付けしました

有機紅はるかを100%使った手づくり鬼まんじゅうが大人気でしたが、
原料が無くなり来年の冬までお預けです。
紅はるかは、干し芋にもとても合う、蒸すと密が垂れ落ちるほど甘みがある
とてもおいしいさつまいもです。
今年は、原料が不足しないようにと1000本の苗を植え付けしました。
収穫は、9月ころですが、追熟させるために4ヶ月寝かせます。
糖度が増しておいしくなるのが1月頃です。
冬の風物詩になって欲しいと思っています。
ぜひお楽しみにお待ちください。

べにはるか定植