月別アーカイブ: 2015年1月

狩猟獣肉 猪&鹿肉 ジビエ料理今が旬! 人気です

山里の冬の風物詩と言ったら猟師が捕獲した狩猟獣肉です。
その代表的な獣肉が、イノシシとシカです。
冬と言っても12月から1月中に捕獲した肉が脂がのって最高品質と言われています。
その時期を過ぎると発情し痩せて脂身が落ちるばかりか肉が固くなりしかも獣肉独特な
臭みがでて価値はグーンと落ちてしまいます。
道の駅茶の里東白川の冬の名物は何と言ってもイノシシの牡丹鍋です。
「こんな美味しい猪肉は食べたことがない」と皆さんが言われるのは、東白川ジビエの
ブランド基準に合った最高品質の肉だけを仕入れて料理するからです。
今年は特にシカが増えてイノシシが追われたのか不猟が続いています。そんな中で、猟師が、
また肉屋の店主がこんな上肉は滅多に無いというほど絶賛のイノシシ肉を手に入れることができました。
2歳以下のメスに限定しているからこそ味わえる肉の柔らかさと脂ののりと、獣臭さが全くない
のです。
特にイノシシは、牡丹鍋に代表されるように脂身の量がその価値に比例します。
本格牡丹鍋が1500円でお召し上がりいただけます。〆には、そばかうどんが付いています。
是非一度お召し上がりください。

今期新しくメニューに加わったのがシカ肉のすき焼きならぬ鹿すき鍋1500円も好評です。
シカ肉は熱を通すと固くなるため、里山の文化である麹に漬込むことで驚くほど柔らかくまた麹の甘味、旨味
とても野菜に合っておいしいいただけます。すき焼き定番の卵でなくとろろ芋に付け食べるのもさらに
肉の風味を引立ておいしいと評判です。〆は同じくそば、うどんがお好みで付いています。

この他、鹿肉をつかったもみじスープ水餃子が500円、鹿肉の竜田揚げ500円、
鹿肉の野菜五目煮500円で単品注文もできます。これらフルコースに有機栽培コーヒーに
大人のアイスほうじアイスがデザートについて2700円です。



冬期1月〜3月は月曜日定休日 営業時間9:30〜4:30です

道の駅茶の里東白川は、この1月から冬期営業に入っています。
茶の里は、4月から12月までは定休日なしの無休で営業していますが、1月から3月中旬までの冬期は、
月曜日を定休日とさせていただいています。
営業時間も通常9:00から17:00までですが、冬期は9:30から16:30まで短縮させていただ
いています。

これまで定休日を知らないでお立ち寄りいただいた方もおありかと思いますが、申し訳けございません。
早朝は、日によって積雪、凍結がありますので10:00以降昼間のご来店をおすすめいたします。

積雪があっても村内の道路管理は徹底していますので、スピーディーな除雪を行いますが、国道257号線の
付知峠は残雪が残りとても危険です。名古屋方面からのお越しの際は、国道41号線からお越ししただければ残雪の心配もなく安全です。
ただ、低温の場合は、日影地また橋の上は凍結している場合がありますので、速度を落として安全走行してください。
見た目は良くても凍結している場合があります。


天然「しし鍋」絶賛好評!!1人前1500円 是非お出掛け下さい

新年明けましておめでとうございます。
皆様にとって輝かしい年が幕開けしたことと思います。

本年も変わらぬご愛顧をお願い申し上げます。

例年この時期に冬の“あったか〜い話題”として「道の駅茶の里東白川」
の山里の冬の味覚情報をお届けしていますが、今年も狩猟が解禁とな
りました。

おいしい自然工房CAFEの霜月メニュー「しし鍋」はじまりました。
1人前1500円ととてもリーズナブルなお値段で本格
牡丹鍋を味わえます。
しかもそばでいただく締めはこれまた最高です。
今年も遠くからわざわざ食べに来ていただける方がたくさんあります。
男性、女性を問わず「こんな美味しいしし肉を今までに食べ
たことがない」と皆さん完食いただいています。

解禁早々、今年一番という最高級のメス約3歳50㎏のイノシシを括りワナ
で捕獲し仕留めました。その肉は、目利きの名人猟師も太鼓判を押すほどに脂
の乗りがよく柔らかくて臭みも無く最高の肉質です。

今年は、さらに新しく 鹿肉の“味わいコース”をメニューに追加します。
捕獲ができたら随時はじめていきます。

旬のものです。狩猟期間中に捕れた上質な肉だけを使います。限りがありますので
ぜひお誘いあってお出掛けください。お待ちしております。