HOME > morimotoの記事

過去情報一覧

「Tea for Peace-世界の茶文化体験-」茶蔵園出店!

2019.03.16

本日より2日間、東京都渋谷区の国連大学中庭にて開催される
「Tea  for Pease-世界の茶文化体験」へ、茶蔵園として出店します!

会場では日本茶、台湾茶、中国茶、紅茶、チャイ、ハーブティー、薬草茶など
約50の出店者たちが集い、様々な種類のお茶を体験しながら
楽しむことができるイベントのようです。

茶蔵園では日本茶の中の「東白川村の美濃白川茶」として、
オーソドックスな煎茶を提供します!
まだまだ関東では知名度の低い(ほとんど知らない)白川茶。
少しでも多くの方に白川茶の味と香りを体験し、覚えて頂けたなら幸いです♪

ご都合の良い方はぜひご来場ください!

■Tea for Peace
日時:3月17日(土)、18日(日)
            11:00-17:00
会場:国連大学中庭(東京都渋谷区神宮前5-53-70)
※Farmer’s Market @UNUと同時開催
http://farmersmarkets.jp/tea-for-peace/

 

予約限定茶!茶蔵園の自家用茶

2019.03.07

今年も予約が始まりました!
茶蔵園の予約限定茶「自家用茶」

毎年説明させていただきますが、
2008年から予約のみの限定販売をしている
「自家用茶」とは…

もともとは地元のお茶農家さんの飲み茶として、
特別に製造をし、お得で味も良いために大好評でした。
それを農家さんたちが村外にお裾分けで配り始めたことから、
もらった方から「村外でも販売してほしい!」との声が多く寄せられ、
今年で11年目の販売を迎えます!

お得でおいしい理由は、完全予約製造販売のため
予め決まった良い原料を大量に仕入れて、
製造工程合理化でコストダウンをすることで
価格はお得に、味は高品質を実現しています!

原料はその年の新茶を使用しますが、
「新茶と何がちがうの?」という質問が多いので説明をしますと、
茶蔵園では新茶は旬の瑞々しさが味わえるよう仕立てますが、
自家用茶は基本的に大量に購入される方が多いので、
一年中おいしく味わえるように、しっかりとした焙煎をして
仕立てています。

興味を持たれた方…
詳しくはお問い合わせください!

お問い合わせ先
有限会社新世紀工房
TEL:0574-78-3123

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
①特上煎茶
200g…2520円→2000円
500g…6300円→4900円

上煎茶
200g…1996円→1600円
500g…4990円→3900円

③煎茶

200g…1470円→1150円
500g…3675円→2850円

④番茶
500g…1800円→1450円

上粉茶
500g…2940円→2400円

⑥上くき茶
500g…3925円→3100円

⑦抹茶入り水出し煎茶
5g×100p…3240円→2600円

⑧特上ほうじ茶
200g…2160円→1750円

⑨特上煎茶ティーバッグ
3g×50p…3500円→2500円

 

店内が春めいてきました♪

2019.02.22

先日店内のお茶コーナーの
茶蔵園の春の季節茶「抹茶入り煎茶-春うらら」の販売の紹介をさせて頂きました。
立ち寄っていただいた方に試飲をお出しすると
「春らしくていいね!」「おいしい!」との声を頂きます♪

お茶以外のコーナーも春らしくなってきました!
春と言えば「桜」です。
桜を使ったお茶菓子や、お土産などを取りそろえております!

「お茶を愉しむ」とよく言いますが、
やはりお茶を飲む時には、お菓子がほしいですよね♪

少しづつ暖かくなってきました。
春の足音が聞こえてワクワクしますね!
茶の里でお茶の試飲を飲みながら
ゆっくりと店内をご覧いただきながら
お茶菓子を探してみてください♪

春待ち茶「抹茶入り特上煎茶-春うらら」

2019.02.08

茶蔵園の春限定茶「抹茶入り特上煎茶-春うらら」
今年も販売が始まりました!

宇治の丸久小山園さんの石臼挽き抹茶の中でも、
上ランクの抹茶を白川茶の特上煎茶にブレンド。
毎年多くの方に楽しみに待っていただき、
愛されている煎茶です。

一煎目の主役は抹茶。
抹茶の旨味と香り、そして鮮やかな
水色を味わい愉しんで頂きたいです。

そして注目して頂きたいのが二煎目。
今度の主役は白川茶。
熱めのお湯でサッと淹れると白川茶の香りが引き立ち、
抹茶が良い感じでサポートしてくれます♪

山が色あせて寒々しく感じます。
冬が終わり、木々が青々とするまで
「春うらら」を飲んで春を待ちませんか?

 

 

お茶を楽しむアイテム「茶器」に触れる

2019.02.01

茶を楽しむために必要なものはたくさんありますが、

その中で最も大切なものは「茶器」
急須や湯呑はかかせません。
茶器はデザイン、サイズ、土質など数えきれないほどあり、
その中から自分の好みの物を探すのも楽しみの一つですね♪

茶の里では昨年の秋から茶器を取りそろえ始めました。
まずは個人的に一番おススメの常滑焼きや、
美濃地方で造っている磁器の物など…
これからも色々な茶器を探していきたいと思います♪

茶の里へお越しの際は、ぜひ茶器コーナをを覗いて、
実際に触れてみてください!
気に入った物がなければ、カタログからお取り寄せもできますし、
実際に陶器の町に行ってみたりするのも楽しいですよ♪

自分の気に入った急須や湯呑で
ゆっくりとティータイムを愉しむ…
今の日本人には必要な時間でしょう。

東白川村の自然薯メニュー

2019.01.19

冬の時期、人気上昇中のメニューのご紹介です!

「自然薯とろろ」

使用している自然薯は自生している物ではなく、
東白川村の自然薯組合さんが作っている自然薯です!

よく「天然のものが良い」と言われますが、
畑づくりの自然薯は農家さんがしっかりと管理して
丹精込めてつくってますので、自信をもっておすすめする農産物です。

画像をご覧ください!伝わるでしょうか…
自然薯の特徴であるしっかりとした強い粘り!
あとはお好みに合わせて薬味をのせれば
まさに「ご馳走」です♪

自然薯とろろは単品で500円。
とろろ飯を食べたい方は、ご飯代+150円。
そばやうどんを頼んでとろろそばもおすすめです♪

私は30代男性ですが、一人前のとろろでもボリューム感があり満足でした♪
2人で一つを頼んでシェアしてもよいのかもしれませんね。

ぜひお召し上がりください!!

少しの早めの「○○デーのお茶」

2019.01.13

おはようございます!

楽しかった正月がおわり2週間。もうすっかり正月気分も抜けてきたのでは…?
正月が終わったら次のイベントは節分、そして世の男性がお待ちかねの

バレンタインデー!

茶の里では一足早めにバレンタイン用のお茶の販売を始めました!
パッケージはかわいい物や、手軽に贈れる物、かっこいいデザインの物など
数種類ご用意しました!

お茶は茶蔵園の特上煎茶を使った春摘み一番茶のティーバッグ。
急須がなくても美味しく飲めちゃいます♪

お茶だけでは…なんて方には、茶の里名物にもなり始めている
「つちのこクッキー」とセットにした物もありますよ♪

バレンタインデーには義理ティー?なんてのも新しくていいのではないでしょうか?
そんな文化が広まれば嬉しいですね♪
女性の方、ぜひ広めてみてください!

 

茶の里-年末年始、冬期営業のお知らせ-

2018.12.29

今年も残すところわずかとなりました。
この1年 ご愛顧くださり誠にありがとうございました。

一年振り返ると道の駅茶の里では
東白川村にお越しいただいた方に、少しでも村の魅力を知ってほしいと思い、
四季折々の旬の素材を提供してきました。

その度に多くの方がお越しになり、
喜んで頂いている顔が思い浮かびます。

山奥の小さな道の駅ですが、
来年も精いっぱいできるおもてなしを目指して
皆様をお迎えしたいと思います!

今日も非常に寒くなっております。
体調にはくれぐれもお気をつけて、
皆様、どうぞ良い年をお迎えください。

有限会社新世紀工房
道の駅「茶の里東白川」
白川茶製造元「茶蔵園」

従業員一同

**************

■12月29日(土)
・売店-9:00~12:00
・レストラン-休業

■12月30日(日)~1月1日(火)
・全館休業

■1月2日(水)~3日(木)
・10:00~15:00

■1月4日(金)
・臨時休業

■1月5日(土)~3月11日(月)
・冬期営業
・9:30~16:30
・毎週月曜定休日
※月曜日が祝日の場合は翌日が休業
 産直は冬は野菜が少ないため、売店で少量での販売となります。

***************

茶の里周辺-初雪-

2018.12.26

こんにちは♪

昨晩からどっと冷え込み、今朝茶の里周辺では初雪が降りました。
いよいよ雪のシーズンに入っていくようです…

今日はまだ雪は積もりませんでしたが、
橋の上や日陰は朝の時点で雪が残っていました。(私の出勤ルート)
昼にはすっかり溶けていましたが、雪をなめてはいけません。
場合によっては一部で雪が残っているかもしれませんので、
車で東白川村へお越しの際は走行に十分注意してください!



これから3月まで、どれだけ雪が降るかわかりません。
町から東白川村にお越しになる方は、
当日お電話いただければ、茶の里周辺の雪の情報を
お伝えできます。

くれぐれも安全運転でお越しくださいね♪

特上ほうじ茶「茜薫る」

2018.12.17

3月に発売されてから大好評の茶蔵園の特上ほうじ茶…

「茜薫る-あかねかおる-」
東白川村の春摘み一番茶を贅沢に焙じた一品です。

一番茶を焙じるのはそうそう簡単ではなく、そして焙じ方も
香り、味、香ばしさなど何を重視するかで変わり、とても奥が深いです。

「茜薫る」に選んだ原料は東白川村の上位クラスの春摘み一番茶。
そんな良質な茶葉を焙じる技術は茶蔵園にはありません。(機械がありません)
どこか良いところはないかと探していたところ、ご縁があったのは
滋賀県にある「マルヨシ近江茶」さん。
近江土山茶を地域一丸となり煎茶、ほうじ茶の製造販売をしている会社です。
先日工場に伺い、焙じ加工の見学に行ってきました。

工場の隣にはステキな直売店があります。
店内にはマルヨシさんの売りである「一~十」のまったく特徴が異なる
10種類のほうじ茶を含め、近江土山茶、茶を使ったお菓子などが並んでいます。

工場内視察と「茜薫る」製造立ち合い。
同じ茶師としてとても興味深く貴重な経験。
機械の性能、茶師の方共に、安心して任せられる場所です。

出来上がった茶葉、そして炒りたてを急須で淹れて頂きました。
この時にしか味わえない一杯。香り高くおいしかったです。
しかし炒りたてから一週間たつと味がガラっと変わるとの事。
確かに一週間後自分で淹れて飲んでみたら、味がまろやかになり、深みがありました。

ほうじ茶は焙じてから時間が経つにつれ味が変わってきます。
それがほうじ茶の愉しみ方なのだと思います。

茶蔵園の特上ほうじ茶「茜薫る」
開発から一年かかりましたが、良い商品となりました。
ぜひその時々の味と香りを
愉しんで頂けたら幸いです♪


マルヨシ近江茶の吉永社長と、茶蔵園の茶師田口、森本
パッケージ制作の石川。

 

住所
〒509-1301
岐阜県加茂郡東白川村越原1061
営業時間
3月中旬~12月 9時~17時
1月~3月中旬 9時30分~16時30分
1月~3月中旬までの月曜日と12月30日、31日、1月1日は休業日とさせていただいております。
定休日
不定休
その他
トイレ、公衆電話、WiFi、電気自動車充電は365日24時間ご利用いただけます。
ページの先頭へ

有限会社 新世紀工房
岐阜県加茂郡東白川村越原1061 【TEL】0574-78-3123 【受付時間】9:30~17:00

Copyright c 2012 Michinoeki Chanosato Higashi Shirakawa All Rights Reserved.
わたしたちの東しらかわ村