HOME > インフォメーション 茶蔵園 > 茶蔵園 製茶工場の案内

茶蔵園 製茶工場の案内

2018.03.02 | 投稿者名 :

道の駅茶の里に併設している、美濃白川茶製茶工場「茶蔵園」

今回は茶蔵園の製茶工場では何をしているのか、どのように煎茶がつくられているのかを紹介したいと思います!

煎茶ができるまでにはさまざまな工程があり、
東白川村の茶業では一次加工二次加工に分けられます。

一次加工は茶農家さんの組合(東白川製茶工場など)にて行われます。
工程の内容はおおまかに…
①茶の樹の栽培、茶葉の収穫します。(5月に一番茶、7月に二番茶)
②収穫した茶葉を「蒸し、揉み、乾燥」の工程を経て「荒茶」という原料ができあがります。
工程の内容は5月の新茶の時期に工場が動きますので、その時に情報をお届けします。

一次加工で出来上がった荒茶を、茶蔵園の茶工場にて二次加工を行います。
内容は荒茶を「選別、焙煎、ブレンド」の工程を経て煎茶に仕上げ、お茶の商品にする事が私たちの役割です。

今回は茶蔵園の工場では何が行われているのか…
ざっくりになりますが紹介します!

製茶工場 東白川村 茶蔵園 道の駅 茶の里東白川 新世紀工房 白川茶 美濃白川茶
茶蔵園の製茶工場の公開です!

白川茶 美濃白川茶 茶蔵園 新世紀工房 道の駅 茶の里東白川 東白川 東白川村
荒茶(写真右上)には茶葉、粉、くき、細かい茶葉、硬い茶葉が全て混ざっています。
まずは荒茶を様々な機械を使用して選別をしていきます。
右上から時計回りに、荒茶、粉、くき、頭(硬い葉)。粉は粉茶になり、
くきはくき茶になり、頭はほうじ茶にしています。

ではどんな方法で選別しているか説明していきましょう。

白川茶 美濃白川茶 新世紀工房 東白川村 東白川 道の駅 茶の里東白川
総合仕上機。多数の網が入っていて、良い茶葉、硬い茶葉、細かい茶葉、粉を選別します。


電気選別機。電気と風を使って細かい茎の部分を選別します。
細かい茎は電気に引っかかり、風によって飛ばされるのです。


色彩選別機。光を使って茎を選別します。

茶葉に混ざっている茎の部分を白色と認識し選別する優れものです。


乾燥火入れ機。通称「火入れ機」
二次加工にて煎茶を作る工程で最も重要なのが「火入れ」、茶師の腕の見せ所なのです。
この機械で茶葉を焙煎することで、お茶屋ごとの味の違いをだしたり、
茶葉の特徴を活かした火入れをして茶商品をつくります。焙煎方法は企業秘密です!


火入れをしながらお茶の味を決めていきます。
茶葉の持つ特徴を大切に「滋味、香り、水色」をチェックします。
またお客様が飲むときのシーンや商品をイメージして味を決めています。


ブレンダー(合組機)。焙煎した茶葉を投入して均一に混ぜたりします。

その他にも活躍する場面がありますが、また詳しく紹介します。


出来上がった煎茶。最後に確認をします。
おいしく出来上がりました♪

 


[ カテゴリー : インフォメーション 茶蔵園, 最新情報, 茶蔵園(さくらえん) スタッフブログ ]

住所
〒509-1301
岐阜県加茂郡東白川村越原1061
営業時間
3月中旬~12月 9時~17時
1月~3月中旬 9時30分~16時30分
1月~3月中旬までの月曜日と12月30日、31日、1月1日は休業日とさせていただいております。
定休日
不定休
その他
トイレ、公衆電話、WiFi、電気自動車充電は365日24時間ご利用いただけます。
ページの先頭へ

有限会社 新世紀工房
岐阜県加茂郡東白川村越原1061 【TEL】0574-78-3123 【受付時間】9:30~17:00

Copyright c 2012 Michinoeki Chanosato Higashi Shirakawa All Rights Reserved.
わたしたちの東しらかわ村