HOME > インフォメーション 道の駅茶の里東白川 > 白川茶発祥の地にて「蟠龍寺ー献茶祭」

白川茶発祥の地にて「蟠龍寺ー献茶祭」

2018.06.21

東白川村にある白川茶発祥の地
そこには昔「蟠龍寺」という寺があり、約450年前に寺の住職が
宇治から茶の実を持ち帰り植えたことから「白川茶」の歴史が始まりました。
今では寺はありませんが、蟠龍寺跡に残っている石垣からは在来茶が育ち、
その茶葉は毎年手摘みにより収穫し、「大門茶」と名付けられています。

この地には蟠龍寺の住職の墓があり、
毎年東白川村の一番茶の収穫が終わり一段落してから、
この土地を守る人、東白川村の茶業関係者、村長が一同に集まり、
「今年も無事に一番茶が終わりました」といったような
報告を含め、神事を執り行います。


茶蔵園では東白川村の茶業を営む者として
毎年「献茶祭」には参加をしています。
450年以上前に東白川村の茶の歴史が始まり、
ご先祖様が美しい茶園を造り、守り続けて今があります。
その歴史を私たちは大切にしていきたい。

「美しい東白川村の茶園を百年先へ」

この言葉を胸に
これからも美味しい茶を作ること、繋げることを心がけていきます。


[ カテゴリー : インフォメーション 道の駅茶の里東白川false最新情報false茶蔵園の歩み ]

住所
〒509-1301
岐阜県加茂郡東白川村越原1061
営業時間
3月中旬~12月 9時~17時
1月~3月中旬 9時30分~16時30分
1月~3月中旬までの月曜日と12月30日、31日、1月1日は休業日とさせていただいております。
定休日
不定休
その他
トイレ、公衆電話、WiFi、電気自動車充電は365日24時間ご利用いただけます。
ページの先頭へ

有限会社 新世紀工房
岐阜県加茂郡東白川村越原1061 【TEL】0574-78-3123 【受付時間】9:30~17:00

Copyright c 2012 Michinoeki Chanosato Higashi Shirakawa All Rights Reserved.
わたしたちの東しらかわ村